名湯有馬温泉の金泉銀泉を堪能

有馬温泉は日帰りでも十分に楽しめますが、やはり小粋な温泉旅館に宿泊して、温泉街の情緒も たっぷりと味わいたい物ですね。
MENU

豊臣秀吉がこよなく愛したことで知られる名湯の有馬温泉

有馬温泉の宿泊旅館

 

温泉と風情ある街並みを楽しめる、関西の奥座敷『有馬温泉』

 

日本書紀にも登場するほど歴史が深く、道後・白浜と共に日本最古泉に数えられる名湯。太閤秀吉と妻のねねが愛した温泉としても有名である。古くからの温泉街だけに老舗旅館が多いが、気軽に宿泊できる旅館も多くなってきている。また見どころやレストラン、カフェなどのスポットも増え、日帰りで温泉を楽しむ観光客も増えつつある。

 

有馬温泉の2つの名湯、金泉・銀泉

 

有馬温泉の湯は金泉と銀泉の2種類あり、この名称は昭和30年頃からのものだそう。金泉の泉源は天神泉源、極楽泉源有明泉源などで、泉質は含鉄ナトリウム塩化物強塩高温泉。多くの鉄分や塩を含んでおりそれが空気に触れて酸化し、赤錆色になったものである。銀泉の泉源は炭酸泉源で、泉質は無色透明でサラサラしたラジウム泉と、ピリッとした味がする炭酸泉。金泉は神経痛や五十肩、うちみ、慢性婦人病、冷え性などに、銀泉は神経痛や皮膚病、関節痛、疲労回復などに効くとされている。

 

豊臣秀吉が愛した有馬温泉

 

伝統ある宿が集う街には、源泉の豊富な湯匠の技が繰り出される繊細な料理など、安らぎへと導いてくれ砧もてなしが待っている。日本三古湯の一つで、かって豊臣秀吉がこよなく愛したことで知られる名湯の有馬温泉。各旅館に宿泊したり、手軽な日帰り温泉などで温泉情緒を味わってみては如何でしょう。有馬の旅館なら此方から。有馬温泉は日帰りでも十分に楽しめますが、やはり小粋な温泉旅館に宿泊して、温泉街の情緒もたっぷりと味わいたい物ですね。有馬温泉の宿泊ランキングでお好みの温泉旅館を探してみませんか?

 

このページの先頭へ