旅行好きの三ちゃんの気になるナビ

三ちゃんのとっても気になることを何でも書いていくブログです。旅行やフッションや気になることなら何でもかんでも・・・
MENU

何とかオーボエパートを吹けるようになりたい貴方へ初心者にもおすすめ

オーボエ初心者が吹き方をマスターした方法

 

あなたの吹奏楽部はどの課題曲を吹きますか?できれば後悔したくないので、全力を尽くしたい!という方も。

 

実際に、どんな吹き方をすれば審査員の印象が良いのかな、ということがよく分からないという方も多いのではないでしょうか。今回、この攻略法を作ってくださったのは、本場ウィーンで修行を積んだ佐藤亮一先生です。実は、この佐藤先生が監修したオーボエ教本が、今、全国の吹奏楽部で導入されていっています。

 

この教本の凄いところは、ただのテキストではなく、DVDで分かりやすく解説をしてくださっているところ。そもそも、オーボエを吹きたいのに上手に吹けない学生さんや、全国のオーボエ愛好家のかたのお声にお応えし、プロの奏者が本気のオーボエ教材を作ろう、と本気を出した教本なのです。

 

さらに、あの世界的なオーケストラ、ウィーン・フィルハーモニーで長年オーボエ奏者として活躍したトゥレチェック氏が推薦。これは、期待できそうですよね。⇒オーボエ 吹き方|初心者が30日でオーボエをマスターした秘密。オーボエというと、どうしても教えてもらえる機会が少なく、独学で学ぼうにも教則本も少ないですよね。

 

自分に合わない方法でもやむなく取り入れて、何だか上達しないな〜なんて悩んでいませんか?佐藤先生によると、日本で一般的だと思われているオーボエの練習方法や調整方法が、ヨーロッパでは全く間違いということもあるのだとか。

 

例えば、チューニング。よくオーケストラなどでオーボエが最初に「ラ」の音を吹きますね。ですから、チューニングは「ラ」だと思っていませんか?実はこれが、オーボエの音程を悪くする原因にもなっています。

 

本当は違う音でチューニングをすると、音程が劇的に改善するのだとか!!オーボエが上達しないとお悩みの方は、もしかしたら正しい方法を知らないだけかもしれません。ですから、私はこのオーボエ上達講座を紹介したいと思いました。自宅で楽しく、ラクラク「オーボエ上達」を叶えるレッスンです。

 

しかも、佐藤先生の解説はとてもわかり易いです。なぜなら、何となくこんな感じ、という抽象的な解説ではなくとても具体的に「ここに力を入れてこうするとこうなる」という話をしてくださるからです。そんな分かりやすいけれど本格的なオーボエレッスンをあなたもご自宅で受講できます。

 

方法はとても簡単。DVDとテキストが届くので、DVDを見るだけです。口元、手元のアップや、横からのアングルなど、とても分かりやすい映像で解説されているので、見て、吹いてみるだけでグングン上達するでしょう。

 

» 続きを読む

豊臣秀吉がこよなく愛したことで知られる名湯の有馬温泉

有馬温泉の宿泊旅館

 

温泉と風情ある街並みを楽しめる、関西の奥座敷『有馬温泉』

 

日本書紀にも登場するほど歴史が深く、道後・白浜と共に日本最古泉に数えられる名湯。太閤秀吉と妻のねねが愛した温泉としても有名である。古くからの温泉街だけに老舗旅館が多いが、気軽に宿泊できる旅館も多くなってきている。また見どころやレストラン、カフェなどのスポットも増え、日帰りで温泉を楽しむ観光客も増えつつある。

 

有馬温泉の2つの名湯、金泉・銀泉

 

有馬温泉の湯は金泉と銀泉の2種類あり、この名称は昭和30年頃からのものだそう。金泉の泉源は天神泉源、極楽泉源有明泉源などで、泉質は含鉄ナトリウム塩化物強塩高温泉。多くの鉄分や塩を含んでおりそれが空気に触れて酸化し、赤錆色になったものである。銀泉の泉源は炭酸泉源で、泉質は無色透明でサラサラしたラジウム泉と、ピリッとした味がする炭酸泉。金泉は神経痛や五十肩、うちみ、慢性婦人病、冷え性などに、銀泉は神経痛や皮膚病、関節痛、疲労回復などに効くとされている。

 

豊臣秀吉が愛した有馬温泉

 

伝統ある宿が集う街には、源泉の豊富な湯匠の技が繰り出される繊細な料理など、安らぎへと導いてくれ砧もてなしが待っている。日本三古湯の一つで、かって豊臣秀吉がこよなく愛したことで知られる名湯の有馬温泉。各旅館に宿泊したり、手軽な日帰り温泉などで温泉情緒を味わってみては如何でしょう。有馬の旅館なら此方から。有馬温泉は日帰りでも十分に楽しめますが、やはり小粋な温泉旅館に宿泊して、温泉街の情緒もたっぷりと味わいたい物ですね。有馬温泉の宿泊ランキングでお好みの温泉旅館を探してみませんか?

 

» 続きを読む

飛騨高山の観光に必要な宿泊(旅館)日数はどのくらい?

飛騨高山の宿泊旅館

 

飛騨地方は日本列島のほぼ中央に位置し、東西は険しい山々に、南北は河川 峡谷に囲まれています。エリアの中心部にある高山は、越前大野城主だった金森長近によって400年前につくられた城下町で、江戸時代には幕府の天領として栄えました。往時の町並がそのまま残っているので、城下町の雅な祭りや工芸とともに、町人文化華やかなりし江戸時代の気分に浸れます。自然にも恵まれ、清らかな水や新鮮な山の幸などを使ったおいしいものもたくさんあります。このガイドブックでは高山の町を中心に、大自然に囲まれた奥飛騨温泉郷や、日本の原風景が静かに残る白川郷など、飛騨地方の代表的なエリアをご紹介しています。

 

 

いつ行くのがおすすめですが?

この辺りは寒暖の差が大きく、夜の冷え込みが厳しい寒冷地です。海に面していないので、内陸型盆地ならではの気候がみられます。春夏は桜や新緑に包まれて非常に過ごしやすく、秋は温度の高低差によって色鮮やかな紅葉が楽しめます。春と秋に行われる高山祭の時期は、観光客がいっきに増えるので宿は早めに予約しておきましょう。旅館を探すなら⇒飛騨高山の旅館ランキング。また、冬 には美しい雪景色が見られますが、積雪量が多いと道路が閉鎖されたり、交通機関が冬季運休や減便になるなど、天候に大きく左右されるので注意しましょう。

 

 

どう回ったらいいですか? 何泊くらいがいいですか?

高山の古い町並を歩くだけなら半日でも足りますが、周辺にも見どころが沢山あるので、丸1日は滞在したいところですね。さらに奥飛騨温泉郷方面や白川郷方面に行くなら、あと1泊はしたいですね。じっくりと観光したいという方は高山に1泊、奥飛騨温泉郷または白川郷に1泊というのがベストではないでしょうか。また、飛騨古川、郡上 八幡、下呂温泉方面へひと足延ばすなら、さらにもう1泊は必要になるでしょう。お気に入りのプランを立て、宿泊日数をお決めくださいね。

» 続きを読む

ページランク表示

このページの先頭へ